ミラクル☆トレイン
[ 2010.11.13(土) 17:14 ]
SSあり

ぎゅーってしてあげ……られそうにない

ついに史ちゃん抱き枕カバーが届きました!

……ので、1週間近く立ちましたが感想を。
とりあえずレビューはこちら。
>> 六本木くん抱き枕カバー レビュー

レビューの方は極力普通目線で書いたつもりなので、こっちはBL目線で書いてみます。
言うまでもないですが、新宿×六本木前提です。

……某お絵かきチャットにお邪魔したテンションを引きずったまま書いているので、いつにもましてアレな感じです。


まず広げてみて、結構大きいのにびっくり。
160cmですからね。等身大とまではいきませんが、それでも大きい。

グッズの情報が出たときは、ウラ面のパジャマにばっかり気が向いてしまっていましたが、オモテ面はオモテ面でなかなかにやばいです。
誘ってます。

で、これ、靴を履いたままなのが気になるんですよ。
日本の普通の部屋であれば、玄関で靴を脱いでいるはずですから、靴を履いたままベッドに寝そべるということはないわけです。
つまり、ベッドの側まで靴を履いた状態でいられる場所……。

……ああ、ホテルか!
というわけで小ネタSSです。
表現レベルは、キス程度+α。場所がホテルな時点で推して知るべし。

……………………

その日、ひょんなことから、とくがわがミラクル☆トレインを飛び出してしまった。
メンバー総出であちこち探し回ったがなかなか見つからず、
結局、真夜中になって飯田橋駅の近くをふらふらしていたところを飯田橋が見つけて、確保された。
汐留は「たまには外の世界を見たかったんだよねー」なんて言っていたが、俺は、ちょっと違うんじゃないかと思う。
とくがわにはとくがわなりの、何か溜まってるものがあるんだろう。

たまたま近くを探していた俺と六本木が引き取りに行ったが、
そこから自分たちの駅に帰るための終電は、とうに出てしまった後だった。
自分のところに泊まっていくかという飯田橋の申し出を丁重に断って、
俺たちは近くのビジネスホテルに来たわけだが……。

「……六本木。言いたいことがあるなら、はっきり言ったらどうだ」
「何のこと?」
六本木はベッドに寝そべって、楽しそうにとくがわの背中を撫でている。
それは別にいいのだが、その服装に色々と問題がある。

「んなカッコでベッドに寝転びやがって」
「そんな格好って、どんな? 僕はただ、とくがわと遊んでるだけですよ」
ねえ、と同意を求められたとくがわは、迷惑そうな表情になった。
六本木が体をちょっと動かすたびに、胸元でマゼンタ色の布が揺れる。
白いシャツの隙間からちらちらと覗く肌色は、ベッドサイドのオレンジ色の照明のせいで、ひどく艶めいて見えた。

「それから……靴は脱げ、靴は」
「や・だ」
六本木は俺をからかうように、一音ずつ区切って返事をする。
そして俺から視線を外して、またとくがわをあやしはじめた。

俺は六本木に覆いかぶさるような体勢で、ベッドに手をついた。
スプリングがぎしりと軋んで、シーツにゆるやかな波紋ができる。
俺はそのまま、六本木の言葉を待った。
だが六本木は少し上目遣いで、俺に問いかけるだけだ。
「……新宿さんこそ、言いたいことがあるなら、はっきり言ったら?」

六本木が手を離すと、とくがわはぴょんとベッドから飛び降りた。
作り付けのクローゼットの扉が半開きになっていたのを器用に押して、中に入ってしまった。
その後姿が「やってらんねーよ」と言っているように見えたが、たぶん気のせいだろう。

さっきよりも幾分強い口調で、俺は再度告げた。
「……脱げ」

「や・だ」
六本木は、さっきと同じ言葉を、同じ調子で繰り返す。
さすがに痺れを切らした俺がさらに体を近づけると、六本木は不敵に、だが少しだけ照れたように笑った。

「靴も、服も……脱がしてくれなきゃ、やだ」

そう言って、六本木はゆっくりと目を閉じる。
まったく、夜のこいつはこれだから困る。
距離を取りたいのか甘えたいのか、いまだにその見きわめが難しい。

……でも、まあ、可愛いことに変わりはない。
その愛しい相手のまぶたに、そして唇に、俺はそっとキスを落とした。

……………………

で、ウラ面です。
商品画像では色っぽい表情に見えたのですが、実物を見ると結構あっさりした表情でした。
でもこっちはたぶん昼モードなわけで、そしてこれが『添い寝』抱き枕カバーであることを考えると……
「朝起きたら、隣で寝ていた六本木くんもちょうど起きたところでした」
というシチュエーションなのではないかという結論に達しました。

つまりオモテ面が「おやすみ」、ウラ面が「おはよう」なんじゃないかと。

しかしこの「おはよう」、ボタンが外れすぎです。
ちょうど手がかかっているあたりにパジャマの第3ボタンがあるはずなのですが、たぶんそれも外れています。
微妙に寝ぼけた状態で、着替えるために(寝転んだままで)ボタンを外している?
……いや、そんなわけないでしょう。

つまり朝が来る前に色々あったということですね、分かります。
朝になった後のSSを制作中なので、できあがったらサイトの方に載せておきます。
……抱き枕でどれだけネタ出ししたら気が済むんだ、自分……。

コメント

たかが抱き枕カバー、されど抱き枕カバー。
ぎゅーっと濃密なレビューにぎゅぎゅ〜っと小悪魔な史ちゃん、堪能しました。
抱き枕ネタ、とことんとやっちゃってください!私、三つ指揃えて待ってます。
まさにミラクル☆抱き枕の名を欲しいままにした枕カバー……侮れませんね。

投稿者: よぷ  | 2010年11月14日 17:44

コメントありがとうございます♪

レビュー&SS、読んでくださってありがとうございます!
抱き枕は、私の中でものすごい衝撃でした……。
眺めているだけでネタが沸いてきます。本当に侮れない破壊力です。
ウラ面ネタのSSは現在鋭意制作中ですので、完成したら読んでいただけると嬉しいです♪

投稿者: 蒼風みくも  | 2010年11月16日 01:30