その他いろいろ
[ 2009.06.28(日) 02:52 ]

剣と魔法とキャラメイク

「剣と魔法と学園モノ。2」(通称:ととモノ2)をプレイ中です。
1の発売時はPSPを持っていなかったので見送ったのですが、今回は意を決してPSPもろとも購入しました。
種族と学科を選んでキャラメイクして、学園でクエストを受けつつ、ダンジョンを歩いて地図を埋めるゲームです。
そっち方面は詳しくないのですが、いわゆる「ウィザードリィ系」なんだそうです。

キャラデザがうしさんで、キャラがみんな可愛らしいです。
うしさんは「トリックスター」(無印時代)で知って以来、ファンです。
さらに、これまた「トリックスター」(ラブ時代)で知った声優ユニット「スフィア」がタイアップ。
なにか因縁のようなものを感じるゲームです。

現在のパーティは、こんな感じ。
パーティ
(※公式サイトのパーティメーカーで作成)

はい、いつもどおり野郎ばかりで、とてもむさくるしいです。
決めた手順:
1.とりあえずエルフとセレスティアは外せない
2.前衛がこなせないので、フェルパーとヒューマンを
3.レンジャーが必要だったのと種族間相性を緩和させたかったのとで、ノーム
4.余った前衛枠に、バハムーンをつっこむ
5.種族間相性なんて単なる目安だ! 後は合体技と勇気で補え!

ちなみに名前の由来は
グラナード : スペイン語で「ガーネット」
アルト : イタリア語で「高い」
クー : フランス語で「尻尾」
アートルム : ラテン語で「黒」
アステール : ギリシャ語で「星」
ネーベル : ドイツ語で「霧」
となっております。
全員分考えるのに6時間くらいかかりました。名前をつけるのは大変です。

「ディスガイア2」のプレイ時にも感じたんですが、
キャラを作って名前をつけて、パーティで活躍させていると、異常に愛着が沸きます。
「ニックネームをつけたポケモン」とかもある意味同じなのですが、人型だと「キャラとして」の愛着が強いようです。
こう、脳内でそれぞれにキャラ属性つけて、ダンジョン探索風景を考えてみたりとか。
なかなか楽しいです。