ポケモン
[ 2008.09.30(火) 01:18 ]

3Vなラッキー

バトルタワーにいるジャッジさんが個体値を判別してくれるというので、ボックスにいる元・野生ポケモンをジャッジしてもらうことにしました。

適当にボールを投げて捕獲した「ものおとに びんかん」なラッキー。
たまたま、まんまるいしを持っていました。

このラッキーをジャッジさんに見せてみたところ、
攻撃が最高の力を持っている(=個体値31)と言われました。
おおすごい、2Vです。
念のためもう1回聞いてみると、素早さも最高の力を持っていると言われました。
うむ、確かに2Vなようです。

で、外部ツールでしっかりと個体値を計ってみたところ……
体力:0
攻撃:31
防御:31
特攻:25
特防:8
素早:31

おおっと、まさかの3Vだ!!
野性なのに!
ていうか3Vなんて初めて見ましたよ!
ちょっと、いやかなり感激です!

……でもこのラッキー、ラッキーとしてのアイデンティティを全て否定してます。
攻撃技は使わないし、防御より特防の方が必要だし、素早さもそれほど重要ではありません。
何より、HP0。0は無いでしょ。だってラッキーだよ。ラッキーなのにHP0なんだよ。
なんていうか、もうそれラッキーじゃないよね。
ラッキーじゃなくてブラッキーだったらまだよかったんじゃないのかな。

あまりにも潔くて、神々しいくらいのオーラを放つ3Vラッキー。
ここまでくるとむしろ愛おしいです。ラッキーラッキー。

書いてるうちにラッキーがゲシュタルト崩壊起こしました。

まあ何が言いたいかというと、
個体値は大事だけどそれが全てじゃないよね、ということです。