スパロボ
[ 2007.01.18(木) 23:33 ]

OGアニメの感想(14話〜15話)

今回の感想の前に、8話の感想の追記。
なんかもう、特定のキャラの名前しか出てこなくなってきている気がします。

■第8話「鋼の方舟」 追記
記憶が飛んでて書き忘れたのですが、この回は例の殴り合いがあったんですよね。
が、殴りかかってきたリュウセイの拳をライが左手で受け止める。
そしてリュウセイは強い力でひねりあげられた拳に違和感を覚えた……だけ。
「素人相手なら片手で十分」なんじゃなかったのか。
てか、アヤかイルムがライの左手について説明してくれないのか!?
まさかこのまま明らかにならないまま終わったりしないよね!?
……と、非常に物足りなく思ったのでした。

■第14話「オペレーション・ブレイクアウト」
えーと、いつからこのアニメの主人公は交代したんですか?
数箇所でライの扱いがすっかりヒロインだ、という話を見ましたが、それも一理あります。
でも萌えさせていただきました。

あと、イングラムに不信感を抱くギリアム。こーゆーのいいですね。
ずっと待っているのですが、なかなかイングラムがサークルザンバーを叫んでくれません。
予告後のクスハの栄養ドリンクも正月バージョンで大増量。
エルザムならかろうじて全部飲み干せるでしょうか……。

■第15話「天からの一撃」
14話からの続きで、借りは必ず返すとか言っちゃうライ。
いいですねー。あれが礼だと気づくリュウセイは妙に鋭い気がするけど。
14話の「地球に落ちる」という展開からスピリッツプレストーリーおよびドラマCDのラストシーンを連想したのですが、「借りを返す場」として期待していいのでしょうか。

降下中の戦闘にてサイバスターは待機命令、ということは……やはりヴァルシオンをぶち抜くのは、ドラマCDと同じくマサキなのでしょうか?
でもマハトの艦橋をぶち抜いたのもマサキなんですよね。
なにそのオヤジキラー。(違)